たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市


What' New

調布市国際交流協会とは

CIFAとは?

調布市国際交流協会(Chofu International Friendship Association [CIFA]) は、
市民の皆さん一人ひとりが担い手となり国際交流を進めるための場として、
1994年11月に設立された市民の手で国際交流を進める団体です。
調布市国際交流協会の事務局は調布市文化会館たづくり9階にあります。

調布市国際交流協会設立趣意書

平成3年3月には、まちの国際化を図り、交流事業を推進することを目的に
「調布市国際交流基金条例」を制定しました。
平成4年2月には、市民、外国人、関係団体の代表、学識経験者で組織された
「調布市国際交流懇話会」から「国際化にふさわしい市民意識を育て、
外国人に親しまれるまちを築くため市民や行政、企業、各種交流団体が
協力しあう地域レベルの国際交流の推進が求められており、
そのためには、国際交流協会の設置が望まれる」との提言を受けました。
この提言を受けて、平成5年4月に調布市国際交流協会準備室が設置され、
準備室委員会が協会の会則、組織、運営等を検討し、
平成6年11月30日に調布市国際交流協会が設立されました。


調布市国際交流平和都市宣言

世界には たくさんの国があり、

その国には それぞれに人が生きている。

赤ちゃんもいれば、 お年寄りもいる。

言葉や文化の違いはあっても、

みんな仲良く生きたいと思う。


調布の人も、 そうでない人も、

日本の人も、 そうでない人も。

いま 私たちは世界にとびたつ。

いま 私たちは世界の人を迎える。

地球には たくさんの人が生きている。

みんな平和に生きたいと思う。

きっとそうなる、 きっとできると

私たちは宣言する。

平成2年3月23日  調布市  


CIFAの活動

調布市国際交流協会は、

「国籍や民族などの異なる人々が,互いの文化的ちがいを認め合い,
対等な関係を築こうとしながら,地域社会の構成員として共に生きていくこと」 

をもとに、地域の多文化共生の実現に取り組んでいます。

調布市国際交流協会は、調布市のパートナーとしての役割を基本に置き、NPO等、
他の民間団体とも協働・連携しながら以下の活動を行っています。

○ 外国人支援
○ 多文化共生の地域づくり
○ 市民の国際理解の促進

CIFAの活動は次のようなことをしています。

1.外国人の日本語学習支援

(1)日本語教室 
(2)調布市立学校日本語指導教室
(3)子育て中の親の日本語教室(だっこらっこくらぶ)

2.交流サロンの運営

3.交流事業・イベントの実施

4.広報事業

5.国際理解や異文化プログラムの実施

6.翻訳通訳事業

7.相談事業、その他 

通訳・翻訳ボランティア派遣サービス

通訳・翻訳ボランティア派遣サービス

通訳・翻訳ボランティア派遣サービスとは、日本語が不自由なため市役所の手続きを行えない、子どもが通っている学校の先生とコミュニケーションをとりた い、また自治体や学校からのお知らせ、ごみの分別についてのお知らせを読むことができない方の支援のためにボランティアを派遣するサービスです。

1. 通訳サービス
(1)派遣可能な通訳サービス内容

・行政の手続き:基本的に市役所での住民登録、健康保険、医療費などの基本的な手続きなど。
・保育園・幼稚園・各学校の手続き及び家庭訪問など。
・相談・困りごとに関することなど。
・医療機関(病院)・福祉施設:医療に関しては、診察の通訳はおこないません。受付・病院での諸手続きのみになります。

*受け付けできないサービス内容
・ボランティアの能力を超えるもの。       ・責任が生じるもの。
・診療行為または重篤な患者の通訳。     ・宗教・政治に関するもの。
・商談・営利目的のもの。           ・派遣は基本的に調布市内とします。

(2)受付から派遣・実施(までの流れ

原則として、自治体、市役所や保育園・幼稚園・各種学校、福祉施設などの公共機関・団体を通しての依頼を受け付けます。

(3)費用:無料 

(4)派遣できる時間
原則として、平日(月~金)9:00~17:00の間の2時間以内。


(5)対応言語
基本的に英語、中国語。その他の言語は、CIFAにご確認ください。

2. 翻訳サービス

(1)翻訳サービスの主な内容
・行政からの連絡文書
・保育園・幼稚園・各学校(かくがっこう)からの連絡文書
・ゴミ出し、防災に関わること
・医療・福祉に関係する文書(診察に関わることは行いません。)

*受け付けできないサービス内容
・専門的なこと。     ・私事(趣味の資料、論文(論文の日本語チェックも含む)
・重要な契約書類(離婚協議書や財産分与、知的所有権など)
・公文書で翻訳者のサインが要するもの
・宗教・政治に関するもの。      ・商談・営利目的のもの。

(2)対象者と受付手順

・自治体または学校などの機関からの依頼(日本語⇔外国語)
*日本語が不自由な外国人からの依頼は自治体・学校などの公共機関を通しての受付になります。

◇受付から派遣、実施までの流れ


(3)費用:無料

(4)対応言語
基本的に英語、中国語。その他の言語は、CIFAにご確認ください。

3.注意
◇通訳・翻訳ボランティアは、ボランティア活動のため専門的な職業としての通訳・翻訳を行っていません。通訳・翻訳ボランティアは専門ではないので、万が 一通訳・翻訳内容について、トラブルなどが生じてもボランティア個人及び調布市国際交流協会は責任を負うことができません。通訳・翻訳内容について、ご依 頼者が責任を持つことを前提として、ボランティア派遣をお申し込みください。
◇ご依頼者より取得させていただいた個人情報は漏えいのないよう、責任を持って管理いたしま
す。また、ご依頼者より取得させていただいた個人情報は利用目的の範囲内で利用し、
ご依頼者の同意を得た者・機関以外の第三者に提供、開示等一切いたしません。


お問い合わせ先:調布市国際交流協会
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1
文化会館たづくり9階
Tel:042―441-6195
Fax:042-441-6194
Email:cifa@jcom.home.ne.jp

外国人のための生活相談

調布市国際交流協会では、外国人市民が地域で安心して暮らして行けるようにさまざまなお手伝いをいたします。秘密は守りますので気軽にご相談ください。

問合せ先 事務所:042-441-6195 FAX 042-441-6194

◆各種の生活情報を提供します。
◆日常生活で困っていることなどさまざまな相談ができます。
◆市役所・官公署での手続きのお手伝いをします。
◆在留資格、結婚・離婚、事件・事故等の法律相談をしたい方は市役所の法律相談にご案内します。
◆すべて予約が必要です。

場 所:調布市文化会館 たづくり9階 調布市国際交流協会

Free Foreign Resident Consultation

Free Foreign Resident Consultation  (By Appointment)
The Chofu International Friendship Association offers various support to facilitate life in Chofu for foreign residents. Confidentiality is ensured so please consult at ease.
◆Various information for living in Japan
◆Consultations on daily life issues
◆Assistance filing city hall and government forms
◆Referrals to Chofu’s legal counseling service for people who want legal
consultation on visa status, marriage, divorce, troubles, accidents, etc.
(except days when Bunka Kaikan Tazukuri is closed) 
Place: Chofu International Friendship Association office

為了外國人免費諮詢

為了外國人免費諮詢 (需要預約)

我們為外國人提供地區生活上的各種協助,並謹守保密原則,請不吝與我們接洽。

我們所提供的服務如下:
◆ 提供各種相關的生活諮詢。
◆為日本生活適應困难的事務提供諮詢服務
◆提供市政府、區公所等相關手續的協助
◆居住資格、結婚離婚、一般生活相關等的法律諮詢,我們將為您提供市政府的法律諮詢所。
◆如需要協助諮詢,請事前預約。

交流サロン

交流サロンは、外国人とボランティアが日本語で語る場です。同じ国の人、色々な国の人との出会いが待っています。いつでも参加できます。料理教室、日本 料理、各国の料理を通しての文化交流、茶道、華道、書道など日本文化紹介などを行っています。

調布市立学校日本語指導教室

調布市立学校日本語指導教室

調布市国際交流協会は教育委員会の外国人児童・生徒の誰もが学校生活に適応する為の施策を、地域市民と協力・協働して実施するという事業計画を共に推進す る立場から、平成20年4月から「調布市立学校日本語指導教室」の業務受託を受け、協会ボランティアが日本語 の指導をしています。


調布市教育会館

詳細は下記調布市のホームページをご覧ください。

http://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1220323788521/index.html

問合せ先

調布市立学校日本語指導教室
調布市教育委員会教育部指導室
電話 042-481-7479, 7480
FAX 042-481-6466
調布市小島町2-36-1 教育会館4階

ボランティア登録
調布市国際交流協会 事務局
電話 042-441-6195
FAX 042-441-6194  
調布市小島町2-33-1 文化会館たづくり9階  



Access to CIFA

■ Location
〒 182-0026
Chofu, Tokyo 2-33-1 Kojima-cho
(5 minutes walk from Keio Line Chofu Station )
TEL 042-441-6195 FAX 042-441-6194
Email: cifa@jcom.home.ne.jp
■ Hours

Opening Hours
8:30 to 17:00 (Tue, Fri, Sat),
8:30 to 20:30 (Mon, Wed, Thu)

Closing days
Sunday, holidays, Closed days of Tazukuri

■ Map
  

交通方式

■地點

〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1
文化會館Tazukuri 9樓
(從京王線調布站步行5分鐘)

電話 042-441-6195
傳真 042-441-6194
Email  cifa@jcom.home.ne.jp
■營業時間

開放時間
8:30〜17:00(週二,週五,週六),
8:30〜20:30(週一,週三,週四)

休息日
星期天, Tazukuri的休館日,節假日, 

어린애들의 아빠 엄마의 일본어 강좌 포옹해달클럽

공부시간에는 옆에서
어린애를 돌 봐주시는
분이 있기때문에 편리
하고 안심됩니다.


무엇을?     생활에 필요한 일본어를 배울수있습니다.
육아에 관한 정보를 알수있습니다.       
어느때?    매월 제2・제3・제4목요일 10:00~12:00 
어디에서?    쵸후시 아동가정지원 센터 스꼬야까
( 케이오센 고꾸료 역 남쪽출구 코코스꾸에아 2층)
참가자격    쵸후시에 거주하고 있는 부모와어린이 ( 정원 10조)
반드시CIFA의 회원이 되어야 합니다.(연회비 2000앤)
참가비용     무료
신청수속     쵸후시 국제교류협회 사무국에 찾아 오세요. 
( 사무국은 시청옆에 쵸후시 문화회관 타즈꾸리 9층 )

주체  쵸후시 국제교류협회(CIFA)
쵸후시 고지마쬬2-33-1 
쵸후시 문화회관 타즈꾸리9층
TEL 042-441-6195 FAX 042-441-6194
E-mail : cifa@jcom.home.ne.jp
협력 사회복지법인쵸후시사회복지사업단

About CIFA

CIFA is an association for Chofu residents established in Nov, 1994, as a sphere where each member is responsible for promoting and facilitating international friendship at a local level.
The Activities of CIFA
CIFA offers the following actiities in cooperation with volunteers and support members

  1. Japanese conversation classes for beginner and intermediate level.
  2. "international Friendship Saloon" .
  3. Public information papers issued by members.
  4. International friendship gathering parties.
  5. 5Aid for voluntary projects by volunteer members.
  6. 6Support for the activities of other international exchange groups  


夜空に大輪の花! 調布花火にサウジアラビア留学生が浴衣で参加

8月21日、3つ発生した台風の狭間で、奇跡的に開催された調布“夏”花火。
皆様は、会場に足を運ばれましたか?
また、マンションの屋上などどこかでご覧になりましたでしょうか?

2000年のサッカーワールドカップ以来、調布市はサウジアラビアと友好関係を深めています。
この日は、サウジアラビアからの留学生が調布市の職員らと調布の夏の風物詩、花火を楽しみました。



お天気の不安もあり、留学生の参加は4名でしたが、そのうちの男性2名が“浴衣”を着て出かけました。
日本の着物は外国人にはとても憧れがあるようです。着物を着つけてもらう、という類のイベントは、大学等でも大変人気があります。
当日は、CIFAのボランティア、黒田美知代さんが着付けをして下さいました。
黒田さんは先日開催した、“浴衣バザー”でも外国人のみなさんに試着やワンポイントアドバイス等でお手伝い頂きました。
黒田さんご自身も浴衣をお召しになり、皆で会場を目指しましたが、下駄はなかなか歩きにくく、道中は人混みで大変でしたね。

夜空に上がる大輪の花を間近で見る感動は、簡単に味わうことはできないでしょう。
花火は目と耳で楽しむといわれますが、ゴーンという大きな音と、まばゆいばかりの光は参加者を幸せな気持ちにさせました。

この事業に関わり、調布の花火大会が多くの方々の地道な努力、多大なるご尽力により実現されていることを知りました。
美しく輝く花火を見ながら、携わった方々のご苦労に思いを馳せる一日でした。

 



 



  




よさこい チームの団結力はMAX! 最終練習終了

調布よさこい2016。
いよいよ今週末、8月27日、28日に開催されます。

CIFAインターナショナルは、5月下旬からメンバーの練習を重ね、8月20日、最後の練習を行いました。
市内チーム百鬼に所属する、平岡陽子先生にご指導いただき、これまで練習を頑張ってきました。

メンバーは新しい出会いに心を弾ませ、本当に仲が良く、結束力・団結力が高まっています。
今日も初参加のメンバーを温かく迎え、笑顔で踊りました。

皆様の温かいご声援をおまちしております。



 

  






調布よさこい スケジュール決定!

昨年度に引き続き、調布よさこいに出場します。

公募により、“CIFA インターナショナル” と命名され、練習は佳境を迎えています。
今年は、昨年よりメンバーが増え、9か国約30名で、心をひとつに笑顔で踊ろう!と頑張っています。




演舞スケジュールは、以下の通りです。
皆様の温かいご声援をお願い申し上げます。飛び入り参加も大歓迎です。

8月27日(土)前夜祭

■調布市グリーンホール2階 大ホール
■午後4時56分~ 

8月28日(日)本祭 

■布多天神社会場
■午後2時45分~

■ハッピーまつり会場
■午後4時6分~


  




第21回「日本語で話そう会」発表者募集!

今年、11月5日(土)に第21回目となる「日本語で話そう会」が行われます。
CIFAで日本語学習をしている外国人がスピーチをする、毎年恒例のイベントです。

現在学習中の皆さま、ぜひ発表者として、参加してみませんか?

申し込み、お待ちしています!



  




入門講座 懇談会のお誘い

会員の皆さまが受講されてきた、『日本語ボランティア入門講座』。
9月15日に修了式が行われる予定です。

28名の受講生は全員女性、暑さに負けず、毎回真剣に受講中です。
修了式当日は、会員と受講生たちとの懇談会を行います。
皆様お誘いあわせの上、ぜひご参加下さい。


  




多言語教室後期 成果を確認し笑顔で修了!

昨年度から開講したCIFA多言語教室
2016年度前期は5月に開講し、8月2日、全10回の全日程を修了しました。

英語クラスの最終回は自由にプレゼンテーション。

茶道を嗜まれるお二人が、Tea Ceremony を実演。インドネシア出身の講師、ウィリアムさんははじめて頂くお茶には興味津々。お菓子の頂き方や作法などを教わり、おいしくお茶を頂きました。

また、アニメ “どらえもん” をテーマにした発表は、四次元ポケットから出る道具について、皆で盛り上がりました。手作りのどらやきを受講生みなにふるまい、一同大喜びでした。

また、アイパッドを使い、電子楽器についてのプレゼンテーション、
長期間を過ごした、オーストラリアの俗語と貨幣のついての紹介、
海外からの留学生を自宅に受け入れる、ホームビジットを行っている方が語った、“My Life”。
CIFAよさこいチームの一員である方の、よさこい紹介と模擬演技・・・・・。
最後は、電通大ジャグリングサークルに所属する講師が、ヨーヨーやジャグリングの演技を披露してくれ、拍手喝さいで盛り上がりました。

全10回の成果を確認し、それぞれの個性に新たな発見をし、充実した最終日となりました。



 



 

中国語クラスの最終授業は、1人5分間の中国語での発表。講師の焦勇先生の奥さんも参加してくださいました。

最終授業は、自己紹介やある日の日記などをテーマに9回の学習で学んだことを活かして発表しました。

1人の発表が終わると、講師の焦勇先生が文法の直しを入れ、大まかに内容を日本語で説明してくれます。
その後、先生の奥さんが発表者の作文を正しい中国語で読み、内容についてどれだけ聞き取れているかの質問を出して、残りの学習者が答えます。

同じ漢字文化の中国語は、文字(文章)を書くことには大きな困難はないのですが、発音・聞き取りが本当に難しいです。内容の概要を教えてもらってから、きれいな中国語で聞いてもかろうじていくつかの単語が聞き取れるくらいで、まだまだ中国語をマスターする道は長いと実感させられました。先生は、「中国人でも小学4年生までは、発音学習をするのだから、皆さんにとって難しいのは当たり前。だから、練習しましょう。」と激励してくれました。

全員の発表が終わった後、このクラスの最終目的である「道案内」にも取り組みました。そんなの無理ー!と皆から最後の悲鳴が上がりましたが、先生は涼しい顔で今まで教えた単語でできる!と、実際に学習テキストにある単語を使って道案内の会話例を教えてくれました。

10回の学習を通して、学習してきた基本的な構文と単語を組み合わせて応用させるだけで、表現の幅がどんどん広がることを教えられました。また、先生が最後に「あきらめず、中国語の音を聞いて自分も発音してみることをくり返していきましょう。」と引き続き学習をしていくよう指導してくれました。

中国語クラスは、全10回皆さん学習意欲を高く持ち、緊張感あふれる学習となりました。

焦勇先生、受講者の皆さんお疲れ様でした。今後も中国語の学習を続けていきましょう。




10月から後期多言語教室(英語・中国語)が新たにスタートします。9月5日号の市報で募集が掲載されますので、ご覧ください。
学問の秋を、CIFAではじめてみませんか。皆さまの応募をお待ちしております。
  




電通大留学生 堂々と日本語スピーチ!

8月3日、電気通信大学にて世界各国からの留学生が、これまでの日本語学習の成果を披露すべく、日本語の発表を行いました。
定期的に行われるこのイベント、大学で勉学に励むかたわら、CIFAでのマンツーマン学習でさらに日本語学習を頑張る学生が多数参加しています。

今回スピーチを行ったのは、初級クラスの27名。
CIFA学習者も多数発表しました。今春来日時には片言の日本語で、なんとなく不安そうにしていましたが、笑顔で堂々とスピーチする姿に驚きとともに我が子の成長を見るような感動を覚えました。

アオシュアンさんは、“世界のヌードル” について。
世界中で食べられているヌードルは、カップラーメン。
電通大には刀削麺を作るロボットがいると教えてくれました。



リュウウェイヤンさんは、“調布の小さい公園” について。
ご自身の2歳の息子さんと奥様が6月末に来日し、家族そろって日本での生活が始まりました。出身地杭州と比較し、調布には小さな公園が沢山点在していることが、家族にとってとても良い環境であるとのことでした。



ウォンカイイさんは、故郷 台湾でぜひ食べてほしいもの”、と題し、日本でよく知られている、小籠包、タピオカ等以外にも、ぜひ知ってほしいおいしい食べ物を紹介しました。ネンブ、シャカという果物、また臭豆腐というにおいのある料理ですが、どれも日本では馴染みのないものですね。臭豆腐は日本の納豆よりにおいが強いけれど、美味しい!とウォンさん。




短期間の日本語学習の成果を思う存分に発揮した学生たち。お疲れ様でした。
また次回を楽しみにしています。
お時間ありましたら、皆様も足を運んでみてください。


  




CIFA Friendship Day 行われました

 7月30日(土)、たづくり1階むらさきホールで、お昼12時より「CIFA Friendship Day 」が行われました。
今まで数多くの催しを行ってきたCIFAサロン部会が、全力を投じて開催した本イベント。多くの方々に参加していただき、笑顔あふれる素敵な一日となりました。




今回はグアテマラ・スリランカ・タイ・中国・ナイジェリア・日本・フィリピン・ブルガリア・ベトナム・ミャンマーに加えて、サウディアラビアも急きょ参加。
各国の紹介ブースの他にも、ダンスや子供の遊びなど盛りだくさん。
さまざまな文化を体験していただきました。



午後4時までの長丁場。しかも外は30度の暑さ。それにもかかわらず、
会場は常に人々であふれました。



夏休みということもあり、子供たちも多く参加。子供限定の各国のことばを知る
ラリーも大人気。他にも全員参加の踊り等もあり、皆、有意義な時を過ごせたと思います。



参加者はのべ200名を超えて、予想を上回る盛況ぶり。
うち外国の方は3分の1を占めました。
国籍をこえた地球人同士として「友情」を深めた一日でした。

初めて行った今回のイベント。
最初は手探りでしたが、少しずつ歩を進めて、開催にこぎつけました。
次回も、より素敵なものを提供していきたいと思います。
  




アラブイスラーム学院訪問学習体験会に参加して・・・

調布市サウディアラビア友好会が主催する、毎年大好評の夏休み特別企画、“アラブイスラーム学院訪問”。
市内の小中学生と保護者向けに行う、サウジアラビアやイスラム文化の体験学習会です。

2002年の日韓サッカーW杯でサウジアラビア代表チームが調布(味の素スタジアム)をキャンプ地として以来、調布市では多くの交流事業を実施しています。この事業は今年で15回目を迎え、小学2年生から中学3年生の児童とその保護者、総勢67名が参加しました。
港区にあるアラブイスラーム学院は、日本との文化交流も積極的に行っており、本国に行かなくても多くのサウジの文化やイスラーム世界の様子をうかがい知ることができ、異文化交流をしたい!、夏休みの自由研究に!・・・・・・等々、夏休み恒例のイベントに今回も定員をはるかに超える申込みがあったようです。

例年より遅かった梅雨明け、猛暑となった7月30日(土)、調布市のバス2台で出発しました。
到着すると、学院長をはじめスタッフがお出迎え、バスの中で覚えたアラビア語、こんにちはの挨拶 “アッサラーム アレイコム”を次々に声に出しました。図書室や、展示室、礼拝堂を見学し、映像を見ながらサウジアラビアについて学びました。女性専用の礼拝室は男性が出入りできないことになっていることに、驚きの声もありました。



人気の理由の一つであるのが、昼食。
サウジの軽食カプサ(炊き込みごはん)とサラダ、そしてプリンやケーキなどのデザートまで綺麗に並べられ、お待ちかねのランチタイムは笑顔で会話も弾みましたね。

 


午後は、アラビア語の体験事業。初めて目にするアラビア文字、難しい発音、繰り返し聞くもののなかなか覚えられないフレーズ、戸惑いもありましたが、全員が、“私の名前は○○です。(イスミ― ○○)”を覚えました。
そのフレーズを使い、全参加児童は自分の名前をアラビア文字で書いてもらうことができました。

 

身近で味わった異文化体験。
アラビア文字の入ったパソコンのキーボードや、展示室で見たふいご(延焼を促す道具)、民族衣装、どれも新鮮、驚き、興味津々といった様子でした。また日本人がイメージするよりはるかに安全で平和な国であることもわかりました。難しいアラビア語の授業も、先生方のおかげで会話練習を楽しみながら行うことができました。
アラビア語で書かれた自分の名前カードは、世界に一つだけの記念の品になりました。

最後は学院長から修了証を受け取り、一人ひとり記念撮影。
学院前では全体記念撮影を行い、帰路につきました。