たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市


第2回コミュニティ通訳勉強会開催しました

10月1日(土)第2回コミュニティ通訳勉強会を開催しました。
第1回目から引き続き、内藤 稔先生(東京外国語大学 大学院総合国際学研究院)を講師に11名が参加しました。

今回も、コミュニティ通訳の役割についての講義後、ペアワークを行いました。

まず前半は、防災に関した翻訳ワークを行いました。というのも、防災時において、真っ先に必要となるのは情報を届けるための翻訳作業になるからです。また災害時においても、外国人に対しては日常生活においてと同じような行政、司法、教育などのコミュニティ通訳が担う分野での支援が必要とされます。
3・11(東日本大震災)の際、地震発生翌日から内藤先生を含めた東京外国語大学が行った多言語による情報支援で実際に使用した資料を使い、正確に、迅速に必要な情報を翻訳するペアワークを行いました。初めて目にするA4の紙1枚分の行政からの内容をペアで、10分強の時間制限の中で翻訳しました。(3・11当時東京外国語大学では、7分のペースで仕上げていたそうです。)

後半は、弁護士など専門家を迎えての専門家相談会における、弁護士からの外国人相談者への事前説明の通訳演習を行いました。
内藤先生が弁護士役になり、弁護士が話す内容をメモを取りながら、通訳役を演習しました。

今回の勉強会では、内藤先生の専門である英語に絞っての開催でしたので、英語ならではの注意点(結論をまず出す、アイコンタクトの重要性や、カタカナ英語と実際の英語違い、アメリカ英語とイギリス英語での表現の違いなど)にも、詳しく指導してもらうことができました。

9時30分からという朝の早い時間からにも、かかわらず皆さん真剣に取り組んでいました。
参加者の皆さまお疲れさまでした。









  


第2回コミュニティ通訳勉強会開催いたします。

10月1日(土)第2回コミュニティ通訳勉強会を開催します。

CIFAでは、通訳・翻訳ボランティア派遣事業を行っており、主に行政からの通訳・翻訳の依頼を、登録ボランティアの皆さんにお願いしています。昨年度より、通訳・翻訳ボランティア事業拡充のため、また登録ボランティアのスキルアップを目指し、勉強会を開催してきました。

今年度は、日本に暮らす外国人の暮らしをサポートする役割を果たす、コミュニティ通訳に焦点をあて、5月にコミュニティ通訳勉強会を開催し参加者から大変ご好評をいただきました。そこで同じ講師の先生を迎え、今回第2回目を開催することとなりました。
2回目は、防災に焦点をあてた翻訳のペアワーク、相談業務を想定した通訳のグループワークを予定しています。

なお、今回は講師の先生により細かくご指導していただくため、言語は英語、今まで何らかの通訳・翻訳をした経験がお持ちの方を対象に開催します。

参加希望の方は事務局まで、お電話またはメールにてお申込みください。

日時:10月1日(土)9時30分~12時
講師:内藤 稔 先生(東京外国語大学 大学院総合国際学研究院)
場所:たづくり11階1103
持ち物:筆記用具、メモ帳、辞書(電子辞書)
言語:英語
対象者:第1回目に参加された方、今まで通訳・翻訳経験がある方(第1回目の講義内容をふまえての講義、実践演習になるため)


第1回目の様子








  


コミュニティ通訳勉強会開催しました

5月21日(土コミュニティ通訳勉強会を開催しました。

近年、日本に暮らす外国人が増加しています。私たちの周りに暮らす外国人がより安心して快適な生活が送れるような、様々な支援が必要になってきています。

そこで注目されているのが、コミュニティ通訳です。コミュニティ通訳とは、司法、行政、教育、 などの分野での相談の場面での通訳を指します。

今回は、コミュニティ通訳の専門家でご自身も司法通訳としても活躍されている、東京外国語大学 内藤 稔先生を講 師に迎えコミュニティ通訳についての講義と通訳の実践演習を行いました。


16名の参加者には通訳希望の言語別に分かれ、演習を行いました。3人1組になり、実際に想定される育児相談の場面でのロールプレイを外国人相談者、日本人通訳、市役所担当職員の役を順番にトライしました。

3時間と長時間の講義、演習でしたが、みなさん集中して演習にトライしていました。

 
今後もCIFAでは通訳・翻訳の勉強会を開催していく予定です。(未定)
ご興味を持たれた方、是非ご参加ください。






  


コミュニティ通訳勉強会開催します。

年々日本に暮らす外国人が増えてきています。彼らがより安心して地域での生活を送れるよう様々な場面でサポートする通訳をコミュニティ通訳といい、近年注目されています。
そこで、コミュニティ通訳を専門とする講師を迎えて、コミュニティ通訳勉強会を開催します。

勉強会では、コミュニティ通訳の役割についての講義と、ロールプレイやペアワークをしスキルアップを目指します。

日時:5月21日(土)9時~12時
講師:内藤 稔氏(東京外国語大学 大学院総合国際学研究院)
場所:たづくり9階研修室
持ち物:筆記用具、メモ帳、辞書(電子辞書可)
申込:4月11日(月)から来所、電話、メールにて
申込時に希望の言語をお知らせください。
(2~3名でのペアワークを行いますので、希望言語の人数が集まらない場合はご了承ください)

  


通訳ボランティア勉強会開催しました

CIFAでは2013年より通訳・翻訳ボランティア派遣事業をはじめました。調布市に暮らす外国人がより安心して日常生活が送れるようにこの派遣事業を通してサポートをしていきたいと願っています。また、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでは調布市が競技開催地となることから、訪れる外国人の増加が見込まれ、様々な国際交流イベントが活発に行われることが予想されます。
そこで、今年度より通訳・翻訳ボランティアの勉強会を開催していくこととなりました。


2月13・27日(土)
今年度は、通訳ボランティアに登録されている方、また興味をお持ちの方に通訳・翻訳の依頼内容や流れなどの説明、また今まで依頼を受けて活動された方の経験談などを伺い、ご参加いただいた皆さん全員の交流の場としました。

2月13日:1回目
この日は全体的な活動の流れなどを事務局担当者から説明した後、依頼を受けて活動されたことのあり、プロの通訳・翻訳家である会員、元会員の2名から、通訳・翻訳の際の注意点などを話してもらいました。

2月27日:2回目
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、競技会場となる調布市には、多くの外国人が訪れるでしょう。国際交流イベントも多く開催されることが予想されます。2回目は通訳の中でも、観光・国際交流にスポットをあて、観光ガイドのプロでもある会員の2名の方に、観光ガイドについて話てもらいました。苦労話や、どんな場所が喜ばれるか、またおすすめの調布の観光地などの話で参加者の方達で話が弾みました。

来年度からは、実践的な勉強会を開催していく予定です。



  


通訳ボランティア勉強会のお知らせ

CIFAでは2013年度より、通訳翻訳ボランティア派遣事業を行っております。
市からの依頼を受け、行政における通訳・翻訳業務を受けてきましたが、今後在住外国人の増加や来るべき災害時における外国人への支援など、ますます必要とされる事業となることが予想されます。

今年度より定期的に勉強会を開催し、スキルアップを目指していきたいと考えております。
初年度は下記の日程で勉強会を実施します。

依頼内容や活動の流れ、注意事項などについて、活動中の方の話を聞きながら皆で勉強していきます。
すでに通訳ボランティアに登録されている方、この事業に興味をお持ちの方の交流・情報交換の場とする予定です。

語学に自信はないが挑戦してみたい、情報交換したい・・・という皆様のご参加をお待ちしております!

日時 : 第1回目 2月13日(土) 10時~12時 たづくり602会議室
 第2回目 2月27日(土) 10時~12時 たづくり1103学習室

内容 :

第1回目 まず前半に事務局の担当者より、通訳・翻訳依頼の流れなどについて説明し、後半はプロとして仕事をされ、実際に依頼を受けて通訳・翻訳をした、会員2名の方から、翻訳の際、通訳の際それぞれのポイントについてお話していただきます。

第2回目 東京シティガイドとして都内観光ガイドの経験豊富な観光ガイドの会員の方と台湾出身で通訳・翻訳のプロで同時通訳の経験もお持ちの会員の方2名に、観光ガイドのポイントや調布周辺の観光スポット、また台湾出身の会員の方からは、台湾、中国人の国民性について、などのお話をしていただきます。


費用 : 無料

定員 : 20名

問合せ・申込み : 事務局に電話または来所にて