たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市


電通大ウィリアムさんがゲストティーチャー!杉森小で教壇に



調布市内の小中学校では、2020年東京オリンピック・パラリンピック、2019年ラグビーワールドカップ大会という大きな国際イベントを控え、国際交流や異文化理解、また様々なスポーツの教育に力を入れています。

9月11日、調布市立杉森小で3年生の『総合』という科目の“世界の国々について知ろう”という授業で、電通大ウィリアムさんがゲストティーチャーとして、教壇に立ちました。
ウィリアムさんは、インドネシアのカリマンタン島出身、2013年に来日、日本語学校に1年半ほど通い、電気通信大学に入試で合格した努力の人です。現在は学部3年生、昨年はCIFAの多言語教室(現留学生と楽しく交流クラス)の英語講師を務めました。また、1月のニューイヤーパーティーでは、得意のジャグリングを披露してくれ、CIFAでも色々な場で活躍されています。

3年生4クラス約130名を2回にわけ、授業を行いました。
出身国インドネシアについて、パワーポイントで作成した資料を、教室のテレビに映し、インドネシアの地理、文化、学校のこと、食べ物、動物などについて話をしました。外国で人気にあるアニメの話に触れ、ドラえもんインドネシア語版の動画を流し、子どもの興味をわしづかみにしていました。児童たちは知らなかった多くのことを知り、驚き、喜び、沢山の学びがあったことでしょう。

自国の紹介の後、自身の日本での体験についても話しました。
ウィリアムさんが憧れの浅草に行ったこと、箱根大涌谷での黒玉子や初めて見た雪への驚きについて話すと、児童たちは“知ってるー!”“初めて雪見たの~?”等々、教室内がざわめきました。

質問タイムでは多くの子の手が挙がりました。
インドネシアの学校は何時間ですか?
という問いに、インドネシアの学校は朝早くて、6時くらいから授業がはじまり、午後1時くらいで終わりです、とのこと。
午後はたっぷり時間があるのですね。

この日予定にはなかったのですが、ウィリアムさんの特技、ジャグリングの披露もあり、児童たちからは大きな歓声と拍手が送られました。
最後は、この授業で覚えたインドネシア語 “テリ マカシー(ありがとう)”を全員で大きな声で言い、名残惜しくおわかれとなりました。

 





同じカテゴリー(WhatsNew)の記事画像
東京外大の学生 ベトナムからの技能実習生にインタビュー
交流サロン「トルコ料理で国際交流」開催しました
学習者とボランティアの交流会が開催されています
日本語グループ学習第3期 募集始めます
CIFA駅伝チーム出場決定! 応援サポーター募集します
「第22回日本語で話そう会」開催しました
同じカテゴリー(WhatsNew)の記事
 東京外大の学生 ベトナムからの技能実習生にインタビュー (2017-11-22 20:45)
 交流サロン「トルコ料理で国際交流」開催しました (2017-11-22 17:01)
 学習者とボランティアの交流会が開催されています (2017-11-16 17:45)
 日本語グループ学習第3期 募集始めます (2017-11-16 17:24)
 CIFA駅伝チーム出場決定! 応援サポーター募集します (2017-11-14 17:26)
 「第22回日本語で話そう会」開催しました (2017-11-06 12:54)




削除
電通大ウィリアムさんがゲストティーチャー!杉森小で教壇に