たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市


交流サロン「トルコ料理で国際交流」開催します!

11月22日(水)交流サロン料理イベント「トルコ料理で国際交流」を開催します。

交流サロンでは、外国人の講師を迎えて自国の料理を紹介してもらい、国際交流を図る料理イベントを開催しています。

今回は、トルコ料理。講師は、CIFAで日本語を学習中のトルコ人女性、ファツマ・カラクシュさん。
料理上手で、笑顔の素敵な、とてもチャーミングなファツマさんと、トルコ料理を楽しみませんか?
ナスの肉詰め・レンズ豆のスープ・野菜入りピラフ・にんじんボールを作ります。

皆さんのご参加をお待ちしております。

■日時:11月22日(水)10時~14時
■会場:たづくり10階 調理室
■定員:16名(先着順)
■費用:CIFA会員800円 ・ 一般1000円
■持ち物:エプロン・ふきん・筆記用具
■申込み:10月25日(水)9時~
定員になり次第締め切り。11月18日(土)までに、参加費を事務局にご持参ください。


ファツマさんは、CIFAの11月4日(土)開催のイベント「第22回日本語で話そう会」でも日本語でスピーチをします。ファツマさんはじめ、15人の外国人学習者が日頃の日本語学習の成果を発表します。
こちらも併せて、ご参加ください!
  


「Let's talk in English~Croatia~」開催しました。

10月7日(土)交流サロンイベント「Let's talk in English~Croatia~」を開催しました。

2月に開催した「Let's talk in English」シリーズのスリランカに続く第2弾の、全編英語で開催するイベントです。

今回は、クロアチア編。講師は、電通大留学生のトレトラ・ルドルフさん。
前半は、クロアチアについて。クロアチアの地理、歴史、文化について分かりやすく紹介してくれました。主な産業が観光という事で、ジブリ映画の中でもモデルで使われた美しい街があり、近年日本でも人気のある観光国です。

また、ルドルフさんの故郷の島の紹介から、自身の家族、電気通信大での研究内容についてにも話は及び、時にはジョークも交えながらの楽しい紹介になりました。

後半の質問タイムでは、クロアチアに直行便があるのか、また英語が通じるのか、といった観光面での質問から、クロアチアから日本への主な輸入品について、また、ルドルフさん自身について(日本のどんなところが好きか、将来の職について)質問の手が多くあがりました。
日本語での質問もOKとしたのですが、皆さん英語で質問され、「Let's talk in English」を楽しみました。

次回の「Let's talk in English」シリーズ、今後も乞うご期待ください。







  


交流サロン「調布飛行場へ行きませんか!」開催しました

9月30日(土)交流サロンイベント「調布飛行場へ行きませんか!」を開催しました。
交流サロン恒例イベントの一つ、「我が街調布を歩く」シリーズの一環として、たづくりを出て調布市の魅力を紹介するイベントです。

当日はお天気に恵まれ、絶好のピクニック日和で、外国人6人を含め22名が参加しました。
調布市飛行場は、周辺の緑に恵まれ、ピクニックに絶好の場所です。
今回は各納庫にも入ることができ、小型飛行機を目の前に、職員さんより説明もしてもらいました。

飛行場の後は、掩体壕の説明を聞きながら、見学もしました。
その後武蔵野の森公園での交流も大いに盛り上がり、楽しいピクニックになりました。

  

  

  



  


交流サロン「台湾の養生・薬膳の話」開催します

10月に入り、すっかり秋めいてきました。
秋といえば、実りの秋。
美味しい食べものが沢山スーパーの店頭に並んでいます。食欲の秋を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?

実りの秋を楽しむためにも、健康であることは大切です。
夏から秋、そして冬へと体調を整えましょう。
10月30日(月)交流サロンでは、「台湾の養生・薬膳の話」を開催します。
講師は、CIFA会員で台湾出身の髙崎 美惠さんです。日本語・中国語(通訳が付きます)を交えてのイベントです。

前半は台湾の養生についての話を、後半は薬膳の話をします。

日時:10月30日(月)14:00~16:00
会場:たづくり9階 研修室
参加費:無料
定員:40名(定員になり次第、締め切り)
申込:調布市国際交流協会(CIFA)事務局まで










  


交流サロン「私のニカラグア」開催しました。

9月20日(水)交流サロンイベント「Mi Nicaragua~私のニカラグア~」を開催し,会場は定員いっぱいの約50名が参加しました。
ニカラグアと聞いて、すぐに場所が思い浮かぶ人は少ないのではないでしょうか?日本人にはあまりなじみのない国、ニカラグアについて、ニカラグア人でスペイン語講師、ドゥルセ マリア 菊池さんが紹介をしてくれました。

中南米の国ニカラグアは、コスタリカとホンジュラスに北・南を挟まれ、太平洋とカリブ海・大西洋に東西を挟まれています。
太平洋側は首都や主要な大きな都市があり人口の多いく、、国土中央は約30もの火山がベルト状に連なり、大西洋側は少数民族が暮らしています。各地域の写真や、火山や周辺の湖などの写真が紹介されました。火口まで行ける火山や、富士山に似た景色の火山もあるそうです。

また南米ならではの多様な動植物が生息しており、自然豊かな風景が沢山紹介されました。また、まつりが毎月どこかしらで行われているそうで、歌とダンスの動画を皆で楽しみました。

休憩タイムでは、ドゥルセ マリアさん持参のニカラグア本場のコーヒーと、日本では手に入らないというココナッツクッキーを皆で味わったり、民族雑貨や刺しゅうが素敵な衣装の展示を見て楽しく過ごしました。

後半の質問タイムでは、レーガン大統領時代のアメリカによる経済制裁について、教育について、ニカラグアの野球、ドゥルセさん自身について(どうして日本に留学したのか、日本とニカラグアの違いでびっくりしたことなど)などの質問が出ました。
外国人参加者からは、素晴らしく流ちょうな日本語に対して、どうやって日本語を身につけたのかとの質問も出ました。
参加者の中には、ニカラグアにかつて住んでいたなど、ニカラグアと深いつながりがあり日本人の方がおり、「なつかしかった」や「今回の紹介で、今まで疑問に感じてきたことの謎が解けた」などの感想が聞かれました。

中南米というと、行くのに何十時間もかかるとイメージしますが、今は最短で18時間、エアー料金は早割で15万円強ほどの値段でいけるそうです。講師のドゥルセ マリアさんが「地球が小さくなったような気がする」と表現するくらいに、近いと参加者皆さん感じたようです。また、中南米では最も安全な国と言われているそうです。

講師のドゥルセ マリア 菊池さんは、留学先が日本に決まった時には、あまりに遠い国で悩み、来日後も文化の違いに苦労もしたそうです。縁があって日本に来て30年、日本人にもっとニカラグアを知ってほしいとの強い思いで実現することができました。
また、異文化の中で日々何事にもポジティブにチャレンジし、楽しんで生きてこられた姿勢が、とても素敵でした。







   









  


交流サロン「Let's talk in English~Croatia~」開催します

交流サロンイベント「Let's talk in English~Croatia~」(英語での国際交流~クロアチア編~)を開催します。
2月に開催された「Let's talk in English~スリランカ編~」の第2弾で、今回はクロアチアについて紹介・交流を英語で行います。

講師は、電通大博士課程の学生、トレトラ・ルドルフさん。
一昨年のCIFA「多言語教室(現「外国人留学生と楽しく交流」)」の後期日程で英語クラスを担当していていました。

前半はクロアチアについての紹介、後半はQ&Aを通して交流をします。全編英語で行います。


クロアチアに関心をお持ちの方、英語での交流をしたい方のご参加をお待ちしております。


■日時:10月7日(土)14:00~
■場所:たづくり10階 1002学習室
■定員:50名
■参加費:無料

お問合せ・お申込みは事務局まで




  


交流サロン「調布飛行場に行きませんか!」開催します

9月30日(土)交流サロンでは「調布飛行場に行きませんか!」を開催します。

調布市の誇る名所である、調布飛行場と武蔵野の森公園をめぐります。
調布飛行場の格納庫、管制塔などの見学をし、緑あふれる武蔵野の森公園の散策をしながら、国際交流を楽しみましょう!
調布駅から皆でバスにのって、調布飛行場まで向かいます。

公園を散策しますので、歩きやすい靴でご参加ください。
また、まだまだ残暑が予想されますので、飲み物と、日よけ用の帽子などをお持ちください。

日時:9月30日(土)13:20~16:00頃
集合場所:13:20 調布駅前交番あたり
解散場所:16:00頃 調布駅北口バス停11番前
参加費:無料 ※調布駅~調布飛行場の往復バス代440円をご用意ください
定員:20名

お問合せ・お申込みはCIFA事務局まで



  


交流サロン「私のニカラグア」開催します

9月20日(水)、交流サロンでは、「Mi Nicaragua~私のニカラグア~」を開催します。

南米の国ニカラグア出身のスペイン語講師、ドゥルセ マリア 菊池さんを講師に迎え、ニカラグアを紹介します。

ニカラグアの気候や生活、食物などを一部スペイン語を交えて紹介します。素敵な民族衣装の紹介もあります。
本場のコーヒーを飲みながら、楽しく交流しましょう。

ニカラグアに行ってみたい方はもちろん、南米の国々やスペイン語にご興味をお持ちの方、学んでいらっしゃる方のご参加をお待ちしております。

日時:9月20日(水)14時~16時
■会場:たづくり10階1002学習室
 ※調布市報では、「9階研修室」と記載されておりますが、正しくは「10階1002学習室」です。ご注意ください。

お問合せ・お申込みは、事務局まで



  


交流サロン「お抹茶とうちわ作り」開催しました

7月22日(土)交流サロンイベント「~日本文化を楽しもう~お抹茶とうちわ作り」を開催しました。
外国人10名を含む、計24名が参加しました。

会場は、うちわを作るコーナーと、お抹茶コーナーの2つのコーナーを用意し、参加者が自由に体験できるようにしました。

うちわのコーナーでは、真っ白のうちわに習字で好きな文字を書いたり、色紙でデコレーションをし、オリジナルのうちわを作成しました。
自分の好きな漢字を選び、色とりどりの飾りを張り付けながら、マイうちわを作ります。
皆さん集中して、個性あふれるうちわを完成させました。

お抹茶コーナーでは、自分でたてた抹茶を味わいました。
抹茶椀、そして数種類の柄のなかから好きな懐紙を選びお菓子をのせ、お抹茶を自分で点てる体験に、「お抹茶を点てるのが、難しい!」と苦戦しながらも、参加者皆さんとても楽しそうでした。そして、抹茶を味わい、「おいしい」とまた笑顔になっていました。


日本人参加者にとっても普段体験できないようなイベントに、外国人の参加者は、どの方からも楽しかったとの感想が聞かれました。
また外国人参加者同士の友達の輪が広がっていました。

スタッフの皆さんありがとうございました。

  
  

  


交流サロン「日本文化を楽しもう~お抹茶とうちわ作り」開催します

交流サロンでは、定期的に日本文化を紹介するイベントを開催し, 日本文化を通した国際交流を行っています。

7月22日(土)今年度の日本文化紹介イベントの第一弾として「~日本文化を楽しもう~お抹茶とうちわ作り」を開催します。
お抹茶を味わい、オリジナルのマイうちわを作りましょう!マイうちわで、暑い日本の夏を乗り切りましょう!

お抹茶だけ、うちわ作りだけ参加も構いません。皆さんのご参加をお待ちしています。

日時:7月22日(土)
時間:14:00~16:00
場所:たづくり10階 1001号室
参加費:CIFA会員300円/一般500円
定員:25名
お申込み、お問合せはCIFA事務局まで



  


交流サロン「お弁当つくり」開催しました

6月6日(火)交流サロン「お弁当つくり」を開催しました。

日本のお弁当は、世界でも人気の日本文化の一つとなっています。
そこで、今回は外国人を対象に日本の「お弁当」を作る教室を開催しました。
CIFAで日本語学習をしている外国人を含む外国人9名日本人1名の計10名が参加し、インド、タイ、中国、トルコ、フランス、ロシア、そして日本ととても国際色豊かなクラスとなりました。

講師は、CIFAで日本語学習ボランティアをしている橋本裕子さん。毎日の美味しそうなお弁当の写真などをご自身のブログにアップされています。
外国人にも気軽にお弁当作りに挑戦してもらえるように、大人用にも子ども用にもアレンジ可能なレシピで食べても見てもおいしいお弁当つくりを紹介してくれました。

3つのグループに分かれての調理では、初対面同士でもすぐに打ち解け、楽しく協力しながらてきぱきと調理を進めていました。
   
   
   

全て調理しおわったら、それぞれマイ弁当箱に詰めていきます。皆さんお弁当を詰める作業では真剣そのもの。同じ材料でもそれぞれの個性が光っていました。
詰め終わったら、「いただきます」でおしゃべりをしながらマイお弁当を味わいました。

参加者からは、「日本人は毎日こんな手の込んだお弁当をつくるの?」「こんなに美しいお弁当をアッと今に食べるのは悲しい!」という外国人ならではの感想や、「これから、子どもの幼稚園弁当をつくることを思うとどうしよう」など日本人と同じ感想が出ました。

   
   
  

         
        


ボランティア説明会開催~CIFAを積極的にPR~

2019年ラグビーワールドカップ、そしてオリンピック東京2020大会を控え、CIFAでは、我々の活動に賛同して頂き、一緒に活動していただける仲間を募集するため、5月19日、ボランティア説明会を行いました。

主な事業、取り組み、部会活動などについては、これまで記録として撮りためた写真をスクリーンに投影し、詳しく説明しました。20年以上のあゆみを振り返り、調布市の外国人人口やCIFA会員数等も交え、大勢のボランティアの皆さんに支えられ、活動してきたことを積極的にPRしました。




事務局による活動紹介の後、3部会(日本語、交流サロン、子ども教室)とだっこらっこくらぶの代表者が、ボランティアとして行っていることや自信の体験などを披露し、一緒に活動する仲間たちへの呼びかけにも熱が入りました。

 


その後、4つのブースに分かれ、来場した約30名の市民の方々が、自由に質問などをして回る時間を設けました。日本語ボランティア入門講座の開講を来月に控え、申込み受付開始直前という日本語部会には、多くの参加者が集まり、“外国人の日本語学習支援”への関心の高さが伺えました。
複数のブースの立ち寄る熱心な参加者が目立ち、各部会等を代表して出席した、日本語部会の宗上さん、大和さん、交流サロン部会の篠原さん、子ども日本語教室の黒川さん、小沼さん、だっこらっこくらぶの木村さんは、休む間もなく参加者に丁寧に対応する姿が印象的でした。

  


このボランティア説明会を機に、10数名が入会、さっそくだっこらっこくらぶや子ども教室を実際に見学されます。また、2017年度ボランティア入門講座の受講を決心された方も数名いました。

このように、まだまだ認知度の低いCIFAをより多くの市民の皆さんに知ってもらい、皆さんが出来ることを発見し、ボランティア活動に加わって頂きたいという願いを込めて開催したイベントに、沢山の方々に足を運んで頂き、、本当にありがたいです。今後も新たな仲間を迎え、より充実した事業に取組み、協会を活性化させていきたいと思います。

皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。
  


交流サロン「ロシアの小さな街の暮らし」開催しました

5月17日(水)、交流サロン「ロシアの小さな街の暮らし」を開催しました。
今回の講師は、調布市在住のロシア人、コテンコヴァ・スヴェトラーナさん。CIFAで日本語学習をしている、一児のママです。

スヴェトラーナさん、通称スヴェータさんの出身地は、モスクワから西に350kmのヤルツェボという街。
ロシアといえばモスクワなどの大都市を思い浮かべますが、スヴェータさん曰くヤルツェボでの暮らしは大都会での暮らしは全く違うとのこと。
大都会ではない、小さな街での暮らしぶりについて紹介してくれました。

ヤルツェボの実家や周辺の写真などを使って紹介をし、ヤルツェボでの日常生活の様子がとても伝わってきました。
また、子育てママということで、子育てについてや、学校、風邪をひいたときの対処法などについての紹介があり、日本との共通点もあれば、びっくりするような違いもあり、とても盛り上がりました。

スヴェータさんお手製のパンケーキと、ロシアで流行っていておすすめの紅茶やハーブティーで休憩の後は、各テーブルにスヴェータさんがまわりながら交流したり、質問をしたりと楽しく過ごしました。



  


交流サロン「ポットラックパーティー」開催しました

5月13日(土)交流サロン恒例イベント「ポットラックパーティー」が開催されました。
各自5名分ほどの料理を持ち寄り、様々な国や家庭の料理を楽しみながら交流を楽しむこのイベントは、年に1度催され大人気のイベントです。
今年も満員の約50名の参加者があり、国籍も日本、中国、フィリピン、トルコ、スリランカ、グアテマラ、パラグアイ、チュニジア、セネガルなどの様々な国出身の参加者が集いました。各自持ち寄ったおいしそうな料理がテーブルいっぱいに並びました。

おいしい料理を楽しみながら参加者同士おしゃべりをしたり、ビンゴや勝ち抜けじゃんけんなどのゲームを通して、楽しく交流をしました。







  


交流サロン「お弁当つくり」開催します

4月の新年度が始まり、学校では遠足や、運動会のシーズンになりました。

お弁当作りに頭を悩ませているお母さんも多いのではないでしょうか。

栄養バランスが取れた、見た目にも美しいお弁当は、海外でも人気があり、海外に自慢できる日本の食文化の一つと言えます。
そこで、交流サロンでは、「お弁当つくり」を開催します。
メニューは、子供用にもアレンジできるレシピになっています。
調理後、それぞれのマイ弁当箱に詰め、自分だけのお弁当を完成させましょう!
ぜひ、マイ弁当箱をご持参ください。

日時:6月6日(火)
時間:10時~14時
場所:たづくり10階 調理室
参加費:会員 500円/一般 700円
保育費:400円/お子さん1人につき(1歳から5歳)
定員:16名






Enjoy Japanese Bento Cooking class!
Japanese Bento culture is becoming popular all over the world.
Japanese Bento look beautiful ,and are nutritionally well-balanced .

Date: 6th June 10:00 ~14:00
Place: Tadukuri 10F Cooking Room
Fee: 500yen(CIFA member) /700yen(Non-member)

Let's make your own Bento.Please come and join us!




  


交流サロン「ロシアの小さな街の暮らし」開催します

交流サロンでは、5月17日(水)に「ロシアの小さな街の暮らし」を開催します。

在日5年、調布在住のロシア人で、現在一児の母として子育て中のコテンコヴァ・スヴェトラーナさんを講師に迎え、ロシアの小さな街の日常生活(子育てや寒さ対策など)について紹介します。

ロシアというと、私たちはモスクワやサントペテルブルグなど大きな都市を思い浮かべますが、スヴェトラーナさんの故郷ヤルツェボ(モスクワから西に350㎞)のような小都市での暮らしは、モスクワなどの大都市とは全く違うそうです。
ロシアの小さな街の生活について知る、めったにない機会です。

また、ロシアと日本の共通点や相違点について、皆で楽し語り合いましょう!

是非、ご参加ください。
お申込み、お問合せは調布市国際交流協会事務局まで



  


交流サロン「My Paraguay~私のパラグアイ~」開催しました

5月19日(水)、交流サロンイベント「My Paraguay~私のパラグアイ~」を開催しました。

同国出身の斉藤ナンシーさんが講師を務め、南米の国パラグアイについて紹介しました。
参加者の皆さんは、パラグアイに行ったことがある方も含め、南米の国に関心をお持ちの方ばかりでした。ナンシーさんはちょうど10日ほど前にパラグアイから戻られたばかりで、現地の最新情報を含め、パラグアイの生活や、日本人移民、イグアスの滝など、多岐にわたって、流ちょうな日本語で紹介しました。

ナンシーさんが、とても素敵な民族ドレスに着替えてパラグアイのダンスを披露し、参加者の方も誘って一緒に踊る場面もありました。
ダンスの後の休憩タイムでは、お料理が大好きという、ナンシーさん手作りのパラグアイの3種類のお菓子と、これもナンシーさんご持参の本場のマテ茶をいただきました。

後半の質問タイムでは、パラグアイには海がないことの質問(ナンシーさんが生まれて初めて海をみたのは、20歳をすぎてからブラジルでだったこと)や、日本でおすすめのパラグアイ料理が食べられるレストラン(ナンシーさんのお答えは、「うち!=ナンシーさんの自宅」で、笑いが起こりました)などについての質問がされました。

斉藤ナンシーさんの持前の明るい雰囲気に包まれ、和やかで楽しい会となりました。






  


交流サロン「ハーブを知ろう その8」開催しました

3月18日(土)交流サロン「ハーブを知ろう その8」を開催し、合計16名が参加しました。

毎回人気の「ハーブを知ろう」、今回はハーブを使った化粧水を作りました。
ローズマリー・ローズ・ミント・オレンジピールを無水エタノールと精製水につけて作るチンキ液を使って化粧水を作りました。
ドライハーブをつけて作るチンキ液は出来上がりに1か月かかります。今回のために講師の池田知美先生が1か月前から準備してくださいました。
チンキ液を使ったこのような化粧水は、ハーブ専門店で3000円はするそうです。

当日は、先生作のチンキ液とグリセリン、精製水を混ぜ、自分だけの化粧水を作りました。会場は、ハーブの良い香りがし、参加者皆さんの顔も明るく輝きました。男性の参加者もいましたが、男性がつけても大丈夫なさわやかな香りと、おっしゃていました。
また池田先生の輝く美しい肌を見て、皆うっとりしました。


マイ化粧水を作った後は、ミントとカモミールをブレンドしたハーブティーを飲みながら、自己紹介をしながらの質問タイムでした。
疲れた時にお勧めのハーブや花粉症に効くハーブ、また自身が育てているハーブの使い方など様々な質問がで、皆さんの関心の高さがうかがわれました。

ハーブという植物のもつ素晴らしい力を広めたい、とおっしゃる池田先生の、ハーブへの知識や情熱にも触れることができ、とても楽しい会となりました。

池田先生、スタッフの皆様ありがとうございました。







  


交流サロン「私のパラグアイ」開催します。

4月19日(水)、交流サロンでは「My Paraguay 私のパラグアイ」を開催します。

南米の国、パラグアイをご存じですか?イグアスの滝などが有名です。

パラグアイ出身の斉藤ナンシーさんを講師に招き、パラグアイの風土、イグアスの滝、生活、日本人移民、食べ物について紹介します。
本場のマテ茶を飲みながら、交流しましょう。
なお、講師のお話しは日本語で行われます。

日時:4月19日(水)
時間:14時~16時
会場:たづくり 9階研修室

皆様のご参加お待ちしております。


  


交流サロン「サクラと味スタと飛行場」募集中

まだまだ寒い日が続いていますが、梅の花がさいて町の風景も春めいてきました。

交流サロンでは、毎年恒例のお花見「サクラと味スタと飛行場」を開催します。
今回は飛田給駅から、味の素スタジアム、武蔵野の森公園、調布飛行場をめぐります。
満開の桜を皆で楽しみましょう!

日: 4月1日(土)
集合: 11:00 飛田給駅中央改札口
解散: 14:30 調布駅北口 バス停前
参加費: 無料 (調布飛行場から調布駅までのバス代220円はご用意ください)
定員: 20名
締め切り:3月29日(水)

お弁当・飲み物をご持参ください。
歩きやすい靴でご参加ください。

お申込みは事務局まで。