たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

調布市国際交流協会」のサイトはリニューアル移転しました。
https://cifa.tokyo/
自動で上記アドレスに移動します。変わらない場合は、上記アドレスをクリックして下さい。


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

ニューイヤーパーティーを開催しました

1月13日CIFAで新年恒例のニューイヤーパーティーが行われ、外国人65名を含む、総勢197名の方が参加し、盛大なパーティーになりました。
瀧柳理事長の開会挨拶でパーティーが始まり、今回は外国人代表としてスリランカのニンファさんによる英語でのあいさつも行われました。そして、和服や民族衣装を着た方が花を添え、鏡開きが行われました。
毎年増える外国人参加者の為に、今回は初めて英語での司会も行いました。

まずは、CIFAで日本語学習ボランティアをしいる下村浩甫さんによる嵯峨御流の生け花の実演がありました。

次にフィリピンの女性によるバンブーダンスが行われました。赤い華やかな衣装でのダンスで会場が盛り上がりました。
バンブーダンスには、来場者も参加して、皆楽しそうに踊っていました。


この日は、来場者の中にモンゴル出身の方がおり、飛び入りで歌を披露がしました。モンゴルの草原を思い起こさせる、すばらしい歌声でした。

空手演武では、会場が静まり返り、演武に見入っていました。CIFAで日本語を学習中のジェリーさんは、1人での形の演武を行いました。まだ空手を始めてから6か月ということでしたが、まさかそんな短期間とは思えない程すばらしい演武でした。終了後には、日本語ボランティアもしている師範の田中清春さんのもとに外国人参加者が集まり、空手に参加したいと熱心に話を聞いていました。


最後は日本語ボランティアの佐鳥さんのピアノと、日本語学習中のアルフェットさんによるバイオリンの伴奏で、参加者全員で合唱を行いました。
ニューイヤーパーティーが様々な国の人々の出会いの場となり、会場では楽しく国際交流が行われました。



また来年も皆さまをお待ちしております。
実行委員の皆さま、ご尽力いただきありがとうございました。

※当日はJ:COMの取材があり、1月22日から28日の18時~調布人図鑑の後半に、ニューイヤーパーティーのダイジェスト版が放送されます。


  


ボランティアの集い

「多文化共生をめざす地域日本語学習支援」東京外語大学教授 伊東祐郎先生

 9月21日(木)に、日本語部会主催・ボランティアの集いが行われました。今回は、東京外語大学教授で副学長をされている伊東祐郎先生に講演をして頂きました。 



講演会では、参加者がグループに分かれワークショップを織り交ぜ、進められました。一つのワークショップでは、実際に写真を見ながら、その写真の状況や、質問となることに関して、日本人同士会話をしてみました。そのように、写真を見ながら勉強するのは、教科書での会話練習とは違い、生きた日本語を学ぶことが出来るということを、実感として体験しました。
 講演では、語学学校と、CIFAで行われているような地域のボランティアが行う日本語教室との違いについても、多く話されました。生活者としての外国人にとって、地域の日本語教室とは、「安心できるところ」「自分をわかってくれる人がいるところ」「人のために何かできるところ」となっているようです。学校のではカリキュラムがあり、日本語を伝授する形になっていますが、同じ地域の住民として、「人間関係を作る場」となっています。日本語を教えなければならない、というのではなく、いい人間関係を作るということを大切に、対話を通じて相互理解の場と考えるというお話がありました。
 前週に入門講座を修了したばかりの方からは、「教えていくということに不安があったけど、できるかもしれないと思った」との声も多くあり、大変有意義な時間となりました。



  


交流サロン「私のパラグアイ」開催します。

4月19日(水)、交流サロンでは「My Paraguay 私のパラグアイ」を開催します。

南米の国、パラグアイをご存じですか?イグアスの滝などが有名です。

パラグアイ出身の斉藤ナンシーさんを講師に招き、パラグアイの風土、イグアスの滝、生活、日本人移民、食べ物について紹介します。
本場のマテ茶を飲みながら、交流しましょう。
なお、講師のお話しは日本語で行われます。

日時:4月19日(水)
時間:14時~16時
会場:たづくり 9階研修室

皆様のご参加お待ちしております。


  


バスツアー2015 “小田原” に行ってきました!

CIFA 恒例のバスツアー in 小田原 

5月31日(日)、直前までお天気の雨予報に・・・、不安が募りましたが、
当日は朝から太陽がまぶしいくらいに輝いていました。

今回の行き先は、小田原。
伝統ある小田原城天守閣の見学、そして城内散策。
希望者は忍者、甲冑、着物姿に変身し、戦国時代へタイムスリップしました。


そして、目玉は日本文化体験。
ちょうちん作り体験と、かまぼこ・ちくわ作り体験チームにわかれて行動しました。

外国人20名、日本人25名、総勢45名の参加者たちからは、
“楽しかった~。”
“かまぼこを食べたことはあるけど、作ったのは初めて。良い経験ができた。”
“ランチが美味しかった~。”
等々、満足の声が聞かれました。

今年3月から実行委員会メンバーに加わり、ツアーを盛り上げて下さった方々、本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました。



 



 



 


 

  


1月17日CIFA20周年記念式典&パーティー盛大に行われました!

1月17日(土)設立20周年記念式典&パーティーが行われました。第1部の記念式典では、調布三曲協会の演奏で皆様をお出迎えし、長友調布市長をはじめとした来賓の方からお祝いの言葉をいただきました。また、設立当初から20年間ボランティア活動をされている会員の方4名に感謝状が贈られました。

調布三曲協会の演奏


乾杯!


第2部のパーティーでは、調布三曲協会の演奏、南京たますだれ、中国人留学生の踊り“小さなリンゴ”、また直前に出演できなくなったメキシコ人留学生に代わり、急遽出演が決まったタヒチアンダンス・フラダンス、親子共演ベリーダンスのパフォーマンスは会場を大いに湧かせ、来場者を魅了しました。



ホーオピイラニ・フラ&ティアレ・アヌアヌア・タヒチアンダンスの踊り


南京たますだれ 永野 幸男 さん



電気通信大学留学生による踊り 「小さなリンゴ」



MAI&KAZUMI ベリーダンス

    


1月25日 調布市民駅伝競走大会に参加しました!

1月25日、調布市民駅伝競走大会CIFAチームが7年ぶりに参加しました。オリジナルのTシャツを着てCIFAの宣伝をしながら、5人でたすきを繋ぎ無事24㎞を完走、参加169チーム中116位、2時間を切るタイムでゴールしました。今回はベトナム出身の会員の方、そして日本語教室ボランティアの方、事務局職員というメンバーで出場しました。また次回も参加できるように頑張ります。厳しい寒さの朝、会場内では朝早くからボランティアの方に応援をして頂きありがとうございました。